本文へジャンプ   「町並彩歩」・水彩画  伊藤 隆(画游人)のスケッチ
  ■TOP■gallery(近畿地方)■gallery(日本各地)■gallery(海外)|■gallery(ハガキ絵)|■PROFILE|■BBS|■LINK

中部地方の風景


伊勢市 伊勢神宮 内宮 おはらい町通り  2013.1.23  【約19×28cm】


伊勢神宮は、今年、20年に一度の社殿jを造り替える一大祭である式年遷宮にあたり、内宮のおはらい町通りも特に人出が多かった。
参拝は、願い事をするのではなく、これまでの事に感謝して、これからの事の決意の場であると
聞かされたように思う。
小学校の修学旅行以来で神聖な気持ちになった。残念ながら、生憎の雨模様となり、ゆっくり描くことは出来なかった。

静岡県 富士市 田子の浦港からの富士 2011.10.9  【28.0×39.5cm】


山部赤人の「田子の浦ゆうち出てみれば真白にぞ富士の高嶺に雪は降りける」の碑があるここ田子の浦港から見る富士山であるが、富士山の周りに次から次と雲が現れ、どんどん変化していく。
時間の経過とともに、色々な顔を持つ富士山。初めて描く富士山だったが、頂上が見え隠れして本当に描きにくいものであった。

長野県 安曇野 碌山美術館 1989.9.24  【38.0×56.5cm】


彫刻家 萩原守衛(碌山)の生地、安曇野に、作品と資料を永久保存し、一般公開するために誕生したとのことである。
安曇野のシンボル的な美術館で、ツタの絡まる赤レンガが印象的であった。
copyright (C) machinamisaiho All rights reserved.