本文へジャンプ   「町並彩歩」・水彩画  伊藤 隆(画游人)のスケッチ
  ■TOP■gallery(近畿地方)■gallery(日本各地)■gallery(海外)|■gallery(ハガキ絵)|■PROFILE|■BBS|■LINK

九州地方の風景


長崎市 東山手  洋風住宅群あたり   2016.11.24      【28×39cm】    モンバルキャンソン


友人たちと長崎スケッチ旅行。
初日は居留地界隈を散策。オランダ坂あたりで描いた後、秋の日なので急ぐことにして、日没まであと一枚。
ここは、明治20年代後半ごろの外国人向けの賃貸住宅で、7棟残っている。
高低差がありかつ狭いところに建っているので、構図が決めにくい。そんなわけで、欲張ってワイドに走り描きしたので、デッサンも変形した。
この住宅群は、今はレストラン、町並み保存センター、資料館などさまざまに利用されている。

長崎市 東山手 オランダ坂 晩秋 2016.11.24   【28×39cm】   モンバルキャンソン


友人たちと長崎スケッチ旅行。一泊二日なので、居留地界隈を中心に。
一枚目はオランダ坂の上から描いたので、二枚目は下から見上げてみた。東山手では活水学院へのぼる坂が最高。歴史を感じる石畳、素晴らしいロケーション、5年ぶりで気分はよかったが、その場の雰囲気を表現することは難しい。目の前を工事用車両が往来し、慌ただしく異国情緒も台無しになった。

長崎市 東山手 オランダ坂甲十三番館あたり 2016.11.24   【28×39cm】   アルシュ 細目


友人たちと思い立って長崎スケッチ旅行へ。5年ぶり、一泊二日なので、居留地界隈を中心に描くことに。
ここは、オランダ坂、東山手で一番有名なところ。甲十三番館は、かつてフランス領事館だったが、今はカフェギャラリーとして活用。石畳は、長い年月ですり減っているが、足の裏には優しく感じられた。秋色いっぱいの長崎を訪問して気分は最高。

長崎市 南山手 大浦天主堂あたり   2011.11.8   【28×39cm】


長崎旅行の時のもの。
天候に恵まれ朝から晩までよく描いたことを覚えている。長崎は、石段、石畳、坂道の町。生活するとなれば、私には無理だなあと思った。
ここは、日本最古の教会・国宝・大浦天主堂がそびえ立つ名所、観光客の少ない早朝に描いてみた。
長崎、神戸、横浜、函館など異国情緒があふれる町並に引かれる。

長崎市 東山手 オランダ坂あたり   2011.11.7    【28×39cm】


久しぶりの長崎旅行。私は、昔から歴史があって風情あふれる町並を描きたくてスケッチを始めた。その中でも、函館、小樽、横浜、神戸、長崎は異国情緒がたっぷりで大好き。
この絵は、10数年ぶりに訪れて夕方近くに描いたもので、このオランダ坂と洋館の町並の雰囲気が気に入っている。

長崎市 東山手から稲佐山を望む 2011.11.8  【約19.0×28.0cm】


昨年の秋に、訪れて描いたもの。ちょうど今頃であったが、やはり長崎は暖かかった。
対岸の稲佐山を望み、風光明媚であるが、住民にとってはこの高低差は大変である。
昼間停泊していた豪華客船ダイヤモンドプリンセスが、夕暮とともに出航するとき、またここまで上がってきたが、優雅で光り輝いた船体は素晴らしかった。

長崎市 東山手 オランダ坂・十二番館 2011.11.8  【29.0×39.0cm】


1858年の開国とともに、欧米人が長崎に居住するようになり、ここ東山手も居住地の一つで、今も洋館群と石畳のオランダ坂などが残っている。
一番有名なのは、活水学院前であるが、その坂を上がったところにあるのが、この十二番館である。
眺望が素晴らしく、異国情緒たっぷりのところである。

長崎市 東山手十二番館 2011.11.8  【19.0×29.0cm】


オランダ坂を上がったところ、活水女子大の正門前にある、今は旧居留地私学歴史資料館である。
明治時代初期の建築で、当初ロシア領事館として建設されたものである。木造の洋館で長崎港に面して建ち、眺望は最高である。1998年、国の重要文化財に指定。
幅広いベランダを持った領事館建築の特徴がうかがえ、名残があり、私も昔の気分に浸りながら描いたものである。

長崎市 南山手から 2011.11.8  【18.5×29.0cm】


長崎の町には、開国以降、オランダやポルトガル、中国など以外から新しいビジネスを求めて外国人が移住してきた。
ここ、南山手は、長崎港と市内が一望出来る素晴らしい眺望ではあるが、坂の上り下りは厳しく息が切れて大変だなあと痛感した。

長崎市 大浦天主堂 2011.11.8  【19.0×28.0cm】


大浦天主堂は、1865年建立の日本最古の現存するカトリック教会堂である。正式には、日本二十六聖殉教者堂で、日本二十六聖人に捧げられた教会堂で、殉教地である長崎市西坂に向けて建てられた。
1933年(昭和8年)に国宝に指定されている。観光客が増えて、1975年(昭和50年)に天主堂の石段横にカトリック大浦教会が建てられ、毎日のミサはここで行われている。
観光客の少ない早朝に描いたものである。

長崎市 南山手町 グラバー園から 2011.11.7  【28.5×39.0cm】


グラバー園は、外国人の居留地だったところで、グラバー、リンガー、オルトの旧邸があった敷地に、長崎市内に残っていた歴史的建造物を移築したとのことである。
中でも、グラバー邸は、1863年(文久3年)竣工の日本最古の木造風建築である。
三菱重工業長崎造船所を見下ろす高台にあり、長崎湾や市街地を一望することができ、風光明媚な場所である。
グラバー園内でのスケッチを快く受け入れていただき、気持ちのいい天候の元で数枚描かせていただいた。

長崎市 港から稲佐山を望む 1996.9.1  【38.5×57.0cm】


何度か長崎は訪れているが、ぐるーぷのスケッチ旅行で、枚方から夜行バスで行った時のもので、まだまだ暑かった長崎を覚えている。
copyright (C) machinamisaiho All rights reserved.