本文へジャンプ   「町並彩歩」・水彩画  伊藤 隆(画游人)のスケッチ


■ 最新の一枚  2017.11.19




大阪市 北区 大阪市中央公会堂 雨 その3  2017.10.7  【28×39cm】  
                                         アルシュ 細目


悠彩会定例スケッチ会で大阪市中央公会堂あたりへ
昼食は同公会堂の地下のレストランでオムライスのランチ、午後には雨が上がることを願ってゆっくり美味しくいただいたが、残念ながら午後も小雨が残り、描き始めるとまた降るような天候。同公会堂はどこからでも絵になる素晴らしい建物、今まで描いてなかった土佐堀川沿いの南側から雨の合間をぬって早描きしてみた。着彩は自宅で行った。
描き終えて : 画面一杯に公会堂を描いてみたが、若干小さめにレイアウトし左右の風景を入れるべきだったかな。また、着彩時に水彩紙が絵具をいつものように吸い込まず塗りにくく感じた。


(心に残り郷愁(ノスタルジー)を感じる風景が描けたらなあと思っています。)


デッサンは、殆ど8B鉛筆を使用。油成分も多く粘りもあり、また黒く墨色っぽい感じ。
銘柄は、ボディーが青い「STAEDTLER(ステッドラー) MADE IN GERMANY(ドイツ製)」 
2016年10月からは、ボディーが黒いステッドラー(描画用)を使用。
感想としては、木炭のような濃い黒で、芯粉は殆ど出ない。力の入れ具合で濃淡などが上手く表現出来る。



■ ご案内 (information)

 
  




 一つ前の一枚




大阪市 北区 大阪市中央公会堂 雨 その2  2017.10.7  【28×39cm】  
                                         アルシュ 細目


悠彩会定例スケッチ会で大阪市中央公会堂あたりへ
同公会堂の正面玄関から描いた後、まだ雨はやまないので、北側の鉾流橋を渡って阪神高速の下からまたまた雨宿りスケッチ。この日の会の幹事役なので昼食タイムまで30分余り。とにかく早描きで集中して仕上げてみた。
描き終えて : やはりもう少しモチーフをよくみて描くべきだったと反省。この絵も、Mさんに指導いただいた方法で画像処理したもの。メリハリが効き明るい感じになった。



      
町並彩歩
  • 町並の風情が好きで、各地の歴史のある町並を描いています。
  • 京阪神地域が中心ですが、地方の生活の匂いのする町並も描きたいと思っています。
  • これからも、各地を回り、その時の風・光・音を肌で感じ、その空間の臨場感を表現できたらと思っています。
  • いつかどこかの町角で見かけたら気軽に声をかけてください。
  •   
  • 管理人 伊藤 隆


2011年7月23日HP開設
copyright (C) machinamisaiho All rights reserved.